UUUM

【UUUMアカデミー】作詞講座 実施レポート

ACADEMY

12/20(金) 、作詞講座を実施いたしました。

アカデミーでも初の試みとなる”作詞”にフォーカスをあてた講義。
講師を担当してくださったのは、『青春アミーゴ』を作詞されたことでも有名なzopp先生です。

前半は座学で、質疑応答を中心にしながら、
作詞について学んでいきました。

全員の価値観に合う詞はないので、
「作詞に答えはない」が正解と冒頭で先生は参加者に明言されました。
職業作家の場合は、歌い手の個性に合わせた詞をいかに能率よく書けるかがポイントとのこと。
今回は、自作するクリエイターさん向けに、簡単に詞が書けるテクニックやロジック、韻の踏み方などを教えていただきました。

後半は、実習形式で、「どんぐりころころ」のメロディに詞をあててみてレビューするという講義を行いました。
単純そうに見える「どんぐりころころ」も、音の数と言葉の数を正確に合わせるだけでとても難しく、参加者が苦戦する場面もありました。

譜割りと音ノリを学び、2時間の講義は終了。
中身の詰まった濃い講座となりました。

<講師プロフィール>
zopp

アメリカ、マサチューセッツ州ボストンの大学でコンピューターテクノロジー専攻。



1980年生まれ。16歳の時、初のアメリカ留学時に英語勉強の延長線上で様々な洋楽の訳詞をし、歌詞の世界に魅せられ作詞家を目指す。作詞をする際に大切にしてる事は「ストーリー性・インパクト・歌いやすさ・個性」

2005年「青春アミーゴ」で第20回ゴールドディスク大賞ソングオブイヤーに選出。2006年にはオリコンにて年間作詞家売上1位獲得。その後も多くの楽曲で受賞。

2013年に初小説「1+1=Namida 」(マガジンハウス)を上梓し、小説家デビューを果たす。2016年「ソングス・アンド・リリックス」(講談社文庫)を上梓した。

現在は作詞講師、コラムニスト、小説家、コピーライター、アイドルプロデューサーなど多岐にわたって活躍の場を広げている。

【代表作】

「青春アミーゴ / 修二と彰」

「抱いてセニョリータ / 山下智久」

「恋のABO / NEWS」

「ミソスープ / テゴマス」

「前に! / SMAP」

「運命Girl / Kis-My-Ft2」

「OVER / Hey! Say! JUMP」

「上球物語~Carpe diem~ / ももいろクローバーZ」

「Bo Peep Bo Peep / T-ARA」

「天上天下唯我独尊 / Superfly」




http://www.zaza.tv/article/creator/zopp/