UUUM

動画の世界に触れてみた! UUUM主催フェス『う祭』で約1万人の来場者が人気YouTuberたちと交流

FEATURE

2017年4月8日(土)、9日(日)の2日間にわたり、東京・お台場のTFTホールにて『う祭 ~UUUM CARNIVAL~ 2017春』が開催された。
「動画の世界を体験しよう!」というコンセプトどおり、人気YouTuberたちが展開するバラエティ豊かな世界観を直に体験できる同イベントには、2日間で約1万人のファンが来場。大きく2つのエリアに分かれた会場内は、さながらYouTuberたちが主催する学園祭かのような高揚感・多幸感に包まれていた。

ここでしか味わえないリアルな体験が盛りだくさん!動画の世界を体験できるプレイエリア!
吹き抜け式の開放感あふれる会場に入ると、まず右側の<プレイエリア>に進むことができる。ここには参加型のゲーム体験企画や展示コーナー、さらに“はじめしゃちょーの部屋”を再現したというレアなブースまで、幅広い年齢層のファンに向けた催しが目白押し。
人気YouTuberたちの等身大パネルの横で記念撮影したり、お目当てのクリエイターのミニトークショーに聞き入ったり、はたまたスライム作りや輪投げに挑戦したりと、多くの来場者が時間を忘れて楽しんでいた。そんな<プレイエリア>でひとしきり遊び倒した来場者たちが続いて案内されたのは、1,000人程度を収容するという大きなホールに人気YouTuberが生登場する<ランウェイステージ>だ。

 

人気クリエイターが多数登場!スペシャルトークを目の前で体験できるランウェイステージ!
和太鼓奏者・TAKUYAによる豪快な演奏を合図にステージに登場したのは、アバンティーズ、フィッシャーズ、HIKAKIN&SEIKIN、すしらーめん《りく》、ポッキー&みやゆう、カリスマブラザーズ、水溜りボンド、おるたなChannel、美希ぽん&関根理沙、佐々木あさひ&さぁや、さらにステージイベント初登場となる桐崎栄二ら、屈指のクリエイターたち。
しかも、ステージには直接会話できるほどファンに近づける“花道”が設けられており、クリエイターたちが前方に出てくるたびに、フロア全体から大きな歓声が。もちろんトークだけでなく、ファン参加型の(ほぼ)リアルタイムアンケートをもとにクリエイター同士のイジり合いが始まったり、来場者と共に競いあう大運動会のようなゲームではチーム別の意外な友情が芽生えたりと、見どころ満載だ。

さらに、終始ノンストップで誰かしらがステージ上で喋りまくり、客席にマイクを向けてファンとコミュニケーションを取ったりする中で、クリエイター同士がチャンネルの枠を超えてキャッキャとはしゃぐ様子を生で目撃できるという、かなりレアな状況に。まるで巨大なオフ会にでも参加しているかのような親密な空気が流れる中、約40分間のステージが幕を下ろした。

 

さて、時間別&完全入れ替え制という、YouTuberイベントとしては斬新なスタイルで開催された『う祭』。全ての来場者に等しく交流する機会を持ってほしい、という心意気が感じられる構成だが、中でも印象的だったのは、大規模イベントの名物になってしまった“会場の隅っこで力尽きている来場者”の姿を全く見かけなかったこと。些細なことかもしれないが、この『う祭』が“あくまで視聴者目線”で枠組まれていることを実感させられた嬉しい驚きだった。

▪︎「う祭 〜UUUM CARNIVAL〜 2017夏」

開催日:2017/8/7(月)・8/8(火)・8/9(水)

会場:8/7(月)・8/8(火)開催 : OSAKA MUSE

   8/9(水)開催 : 心斎橋BIGCAT